伊勢神宮に行かない方がいい人の特徴やツイッターの口コミをご紹介!

伊勢神宮に行かない方がいい人の特徴やツイッターの口コミをご紹介!

 

「伊勢神宮に行かない方がいい人の特徴って何?ツイッターに口コミはある?」

 

三重県の伊勢市にある伊勢神宮は、「お伊勢さん」の愛称で親しまれている全国的にも有数の歴史的な価値がある神社です。

しかし、伊勢神宮をインターネットで検索すると「伊勢神宮・行かない方がいい」などのワードや口コミが出てきます。

 

  • 伊勢神宮に行かない方がいい人って特徴あるの?
  • 実際に行かない方がよかった口コミツイッターにある?
  • 伊勢神宮に呼ばれる人の特徴は?

 

これらの情報は、伊勢神宮へのお参りを考えている人は気になってしまいますよね。

そこで、非常に気になったので伊勢神宮に行かない方がいいと言われている理由について詳しく調べてみました。

 

今回は伊勢神宮の奇妙な噂や口コミについて、ご紹介していきたいと思います。

これから伊勢神宮の参拝を考えている人は、注意点などをお出かけの前の参考にしてみてください。

 

伊勢神宮に行かない方がいい人の特徴とは?

伊勢神宮に行かない方がいい人の特徴やツイッターの口コミをご紹介!

 

伊勢神宮は歴史のある由緒正しい神社として世界的にも有名な場所の1つです。

もちろん伊勢神宮は誰が行くのも自由ですが、なるべく「行かない方がいい人」も存在します。

 

次のような特徴がある人は、行かない方がいいでしょう。

 

  • 行かない方がいい人の特徴1:神社への理解が浅い
  • 行かない方がいい人の特徴2:感謝を伝えられない
  • 行かない方がいい人の特徴3:写真撮影だけが目的

 

多くの日本人にとって、伊勢神宮は信仰の対象の場所であり、心の拠り所にもなっていますね。

基本的に伊勢神宮は観光スポットにもなっていますので、国籍や宗教などに関係なく誰でも訪れて大丈夫な場所です。

 

伊勢神宮は清浄な空気が特に強い巨大なパワースポットになっています。

そのため、さまざまな願掛けをするために毎日多くの人が参拝している神聖な場所。

 

実際に平日も休日も、参道や境内はたくさんの参拝者でいつも賑わっています。

また参拝あとに時間に余裕があるときは、昔ながらの風情の残る御影横丁などでお買い物や食事を楽しむのも素敵です。

 

こんな由緒正しい神聖な伊勢神宮なのに、いったいなぜ行かない方がいいのか不思議ですよね。

伊勢神宮には何か悪いことでもあるのでしょうか?

 

実は原因は人の方にあります。

次に挙げる人は、仮に伊勢神宮を参拝しても運気を高めたり邪気を祓ったりする後利益は得られない可能性が高いのです。

 

行かない方がいい人の特徴1:神社への理解が浅い

 

まず神社への理解が浅い人は、伊勢神宮に行かない方がいい人です。

伊勢神宮について何も知らない状態で参拝しても、自分が誰に何のために手を合わせているのか理解できないでしょう。

 

何もわからないままではせっかくお参りしても、意味がありませんよね。

伊勢神宮は長い歴史がある神社で、その歴史もしっかり文献や記録に残っています。

 

図書館にも本屋さんにも、伊勢神宮に関する本はたくさんあるんです。

しっかり歴史を調べてみると、非常に面白くて興味深いので驚くと思います。

 

今はインターネットにもたくさんの情報が掲載されていますので、手軽に神社について知ることもできますよね。

伊勢神宮に行たいと思ったら、ある程度は歴史を学んで情報を頭に入れた状態で参拝するのが望ましいでしょう。

 

自分がお願いごとをする相手のことを理解してから行くべきなのは、当然のことですね。

 

行かない方がいい人の特徴2:感謝を伝えられない

 

参拝しても感謝の気持ちを伝えられない人も、伊勢神宮には行かない方がいいでしょう。

そもそも感謝の気持ちを伝えることができない人は、神様の存在を信じていない人が多いのです。

 

もし神様の存在を信じていれば日頃の感謝の思いで自然と頭が下がり、手を合わせたくなるはずですね。

しかしそんな気分にならない人は、わざわざ伊勢神宮まで足を延ばして参拝してもまったく意味がありません。

 

存在を信じておらず、感謝の気持ちを伝えない人に神様がご利益を与えてくれることはないでしょう。

 

行かない方がいい人の特徴3:写真撮影だけが目的

 

さらに、伊勢神宮などの神聖な神社を写真撮影だけが目的で訪れるのもあまり良くないといわれています。

伊勢神宮の鳥居や御正殿などは歴史があって非常に立派なものですね。

 

価値のあるものは写真に撮りたくなる気持ちは分かりますが、やはりまずは信仰する気持ちがあってこその参拝です。

神様を人間に例えたとして、遊びに来た知人が挨拶もそこそこに家の中を勝手に歩き回って写真を撮られたらどうでしょう。

 

それをSNSで公開されるのも決して気分はよくないはずですし、「失礼だ」と思うのではないでしょうか。

それは神社であっても同じです。

 

そのような不躾で礼儀知らずの人を、神様は快く受け入れてはくれないでしょう。

したがって適当にお参りを済ませて、後は写真撮影だけに没頭したいという方は伊勢神宮を訪れるべきではありません。

 

「映え」が目的の人は、伊勢神宮には行かないほうがいいですね。

 

伊勢神宮に行った人の声!ツイッターのネガティブな口コミは?

伊勢神宮に行かない方がいい人の特徴やツイッターの口コミをご紹介!

 

ここまでは一般的に伊勢神宮に行かない方がいいと言われている人についてお話ししました。

そこで、調べてみるとツイッターにも、次のようなネガティブな口コミがたくさん見つかりました。

 

  • 口コミ1:積極的に行かないほうがいいらしい
  • 口コミ2:カップルや夫婦で行かないほうがいい
  • 口コミ3:伊勢神宮には車で行かないほうがいい

 

ここからはより具体的に、「こんな人は伊勢神宮に行かない方がいい!」という口コミを順番に見ていきましょう!

 

口コミ1:積極的に行かないほうがいいらしい

 

一部の噂では、「伊勢神宮には積極的に行かない方がいい」ともいわれています。

実はこの噂は、はっきりした理由は分かりません。

 

そもそも、伊勢神宮は強いエネルギーを持つパワースポットです。

そのため、感受性が鋭い人はその強いエネルギーの影響を受けすぎてしまうからと考えられます。

 

パワースポットは基本的にプラスの気が集まっていますが、プラスも転じればマイナスになりますね。

そもそも伊勢神宮と言えば、観光ツアーもたくさんあるほどの人気スポットです。

 

地元の人はお散歩がてらに参拝に行く人もいますし、遠くからでも年に何度も訪れる人も多いでしょう。

しかし、参拝するときの自分の状態によっては悪い影響を受けないとも限りません。

 

伊勢神宮に行くときは心身ともに万全の状態のときにするなど、タイミングはよく考えた方が良さそうです。

なんだか今ひとつ体調が良くないと思ったら、見合わせるくらいの勇気をもってもいいですね。

 

口コミ2:カップルや夫婦で行かないほうがいい

 

またツイッターには、伊勢神宮にはカップルや夫婦で行かない方がいいという口コミもあります。

これも実は伊勢神宮に関する有名な話ですね。

 

なぜ伊勢神宮にはカップルや夫婦で行かない方がいいのでしょうか。

それは伊勢神宮の主神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)がヤキモチを妬いてしまうからだと言われています。

 

天照大御神は女性の神様で、仲良しのカップルや夫婦を見ると意地悪をしてくるそうです。

なんだか少し可愛らしくて親近感がわく話ですね。

 

ただ、あくまでも噂であり、実際にカップルや夫婦で訪れても影響はありません。

むしろあまりにもたくさんの人が参拝に訪れるので、中には別れるカップルもいてある意味当然なのです。

 

それでも気になる場合はあまり境内ではイチャイチャせず、仲良しの雰囲気を見せないようにすれば大丈夫でしょう。

 

口コミ3:伊勢神宮には車で行かないほうがいい

 

伊勢神宮の参拝について調べていると、車では行かない方がいいという口コミも多数見られます。

車で行ってはいけないというのはスピリチュアルな観点からではなく、現地の交通事情が関係しているようです。

 

なぜなら伊勢神宮は全国でも人気の参拝スポットなので、休日に限らず平日でもたくさんの人が訪れます。

連休やお盆の時期になると、身動きが取れないほどの混雑ぶりです。

 

そのため、当然ですが車で参拝する人も多く、駐車場は常に混み合い、近辺の道路も大混雑しています。

もちろん伊勢神宮の周辺では駐車場がたくさんあり、警備員などが歩行者や車の誘導なども行ってはいるのです。

 

それでもマイカーでの移動は不便かもしれません。

連休などは空いている駐車場を求めて探しまわり、肝心の参拝するための時間が無くなってしまうこともあるでしょう。

 

それではせっかくのお参りに行ったのに残念ですよね。

よって、伊勢神宮はできるだけ電車やバスなどの交通機関を使って参拝するのがおすすめです。

 

伊勢神宮に行くときは、なるべく車での参拝は避けた方が良いかもしれません。

 

伊勢神宮に呼ばれる人の特徴とは?スピリチュアル好きな人!

伊勢神宮に行かない方がいい人の特徴やツイッターの口コミをご紹介!

 

伊勢神宮に行ってはいけない人、また行かない方がいい人などを見てきました。

その一方で、次のような人は伊勢神宮に呼ばれる人です。

 

  • 呼ばれる人の特徴1:神社の知識がある
  • 呼ばれる人の特徴2:天照大御神への信仰心がある
  • 呼ばれる人の特徴3:見えないものを大切にする

 

あの伊勢神宮が自分を呼んでくれる人がいるなんて、すごいことですよね。

最後は伊勢神宮に呼ばれる人の特徴について確認していきましょう!

 

呼ばれる人の特徴1:神社の知識がある

 

伊勢神宮に呼ばれる人は、伊勢神宮に関してのしっかりした知識がある人です。

きちんと知識を持っている人は、何も知らない人よりも伊勢神宮がとても身近に感じられますよね。

 

それは神社からも呼ばれているサインになります。

伊勢神宮に関していろんな情報を求めているときは、自分も神社もお互いに求め合っている最高のタイミングです。

 

知識を深めて、ぜひ伊勢神宮を参拝してみてはいかがでしょうか。

そして一緒に出掛ける家族や友人も、自分の知っている知識をぜひ教えてあげると良いですね。

 

きちんとご利益を受け取れるようになるためにも、時間を取って教えてあげましょう。

その行いも、神様は見ているはずです。

 

呼ばれる人の特徴2:天照大御神への信仰心がある

 

また伊勢神宮に呼ばれる人は、天照大御神への信仰心がある人です。

その存在を信じていない人、またはその存在を否定している人は呼ばれることは絶対にありません。

 

信仰心を持っている人は、心の中でその大きな存在と繋がることができると言います。

天照大御神への信仰も同じですね。

 

伊勢神宮に自分を呼んでほしいときは、心で呼びかけたり、伊勢神宮がある方角に手を合わせてみるのも良いでしょう。

信仰心は、遠く離れた場所からでもきっと届くに違いありません。

 

そしてもしもまったく違う神様を信仰している場合でも大丈夫です。

天照大御神の存在も同じように大切に考えて信仰していれば、問題はないでしょう。

 

実際に伊勢神宮には海外からも多くの参拝客が訪れています。

ぜひ現地に赴いて、その偉大なパワーを間近に感じてみてください。

 

呼ばれる人の特徴3:見えないものを大切にする

 

さらに伊勢神宮に呼ばれる人は、見えないものを大切にしている人だと言います。

目に見えないものとは、たとえば神様や仏様の存在、スピリチュアルなパワーや気の高まりといったさまざまな現象です。

 

科学では証明できない目に見えないことも大切にする純粋な心の持ち主は、伊勢神宮にも愛されるに違いありません。

またそういったものを信じて日頃から感覚を研ぎ澄ませている人は、霊感や感受性が豊かです。

 

いつもと違う感覚や伊勢神宮に呼ばれているかすかな波動もしっかり受け取れるようになるでしょう。

大きな存在に呼ばれるようになるためには、日頃からスピリチュアルな行動を心掛けておくことも重要なのですね。

 

まとめ

伊勢神宮に行かない方がいい人の特徴やツイッターの口コミをご紹介!

 

日本の屈指のパワースポットである伊勢神宮は、信仰心を持って参拝するとさまざまな良いご利益を与えてくれます。

しかし次のような特徴がある人は、伊勢神宮に行かない方がいい人です。

 

  • 行かない方がいい人の特徴1:神社への理解が浅い
  • 行かない方がいい人の特徴2:感謝を伝えられない
  • 行かない方がいい人の特徴3:写真撮影だけが目的

 

日頃から神様や仏様に対する感謝の気持ちや信仰心を持たない人は、ご利益を受け取ることはできません。

適当な気持ちで、「写真を撮るついでに参拝しよう」などと考えている人も同様ですね。

 

ツイッターには、伊勢神宮についてネガティブな口コミもありました。

 

  • 口コミ1:積極的に行かないほうがいいらしい
  • 口コミ2:カップルや夫婦で行かないほうがいい
  • 口コミ3:伊勢神宮には車で行かないほうがいい

 

伊勢神宮に行かない方がいいという話には、一部、迷信のようなものありますが、信じるも信じないも自分次第です。

せっかく伊勢神宮を参拝するなら神社から呼ばれたときに訪れるのが良いでしょう。

 

伊勢神宮に呼ばれる人は次のような3つの特徴があります。

 

  • 呼ばれる人の特徴1:神社の知識がある
  • 呼ばれる人の特徴2:天照大御神への信仰心がある
  • 呼ばれる人の特徴3:見えないものを大切にする

 

以上のことを心がけると、伊勢神宮に呼ばれる人になるはずです。

もし「呼ばれている」と感じたら、ぜひ伊勢神宮にお参りにいってみてください。

 

伊勢神宮を訪れるときは、ぜひ注意すべきことをしっかり守ってベストなタイミングを見計らって参拝しましょう!