出雲大社のタブーとは?参拝時の注意点やダメな服装をご紹介!

出雲大社のタブーとは?参拝時の注意点やダメな服装をご紹介!

 

「出雲大社のタブーってあるらしいけど何?参拝時の注意点や着て行ったらダメな服装も知りたい!」

 

日本屈指のパワースポットである出雲大社は、参拝のタブーと言われるものがあります。

大変古い歴史を持つ神聖な場所ですから、訪れる時にはマナーを守ってご利益を感じたいですね。

 

  • 出雲大社のタブーを知っておきたい
  • 出雲大社を参拝するときの注意点は何?
  • 出雲大社を参拝するときのNGな服装はある?

 

など、これから出雲大社をお参りしたい人にとっては、いろいろ知っておきたいことがありますよね。

そこで今回は、出雲大社のタブーについて詳しくお話ししていきます。

 

参拝時の注意点やダメな服装などをお伝えしていきますので、出雲大社に行く際はぜひ参考にしてみてください!

 

出雲大社のタブーとは?参拝方法の注意点!

出雲大社のタブーとは?参拝時の注意点やダメな服装をご紹介!

 

出雲大社のタブーと言われる参拝方法は、以下の通りです。

 

  • 参道の真ん中を歩く
  • お賽銭箱に小銭を投げつける
  • お賽銭の金額をテキトーに決める

 

これらの行為はタブーとされていますので、知らないうちにやってしまわないように注意してくださいね。

出雲大社は神聖なパワースポットですので、マナーを守って参拝しましょう。

 

神社は「神様の家」とされています。

失礼にならないように、事前に注意点をチェックしておくことをおすすめします!

 

タブー1:参道の真ん中を歩く

 

参道の中心は、神様が通る場所です。

事情があって参道の真ん中を渡る時は仕方ありませんが、特別な事情がないのに中心を歩くのはタブーになります。

 

参拝する時は、鳥居をくぐってから道の端を歩くようにしましょう。

参道の真ん中を歩くのは、全国の神社に共通するタブーですので覚えておくといいですね。

 

お子さんが一緒の方は、ついついはしゃいで真ん中を歩いたりしないように丁寧に教えてあげましょう。

 

タブー2:お賽銭箱に小銭を投げつける

 

小銭をお賽銭箱に投げつける行為もダメです。

 

  • 賽銭箱にお賽銭を投げると願いが叶う
  • 注連縄にお賽銭が挟まると願いが叶う

 

このような都市伝説が広がっていますが、小銭を投げつける行為はタブーなので絶対にやらないようにしましょう。

出雲大社の神楽殿にある大注連縄は、日本最大級の神聖なしめ縄です。

 

長さ13メートル、重さ2.5トンもの大注連縄は、なんと1000人以上の町民によって作られました。

そこに小銭を投げつけるのは、とても失礼で迷惑な行為となります。

 

地元の方はしめ縄の大切さを理解していますが、観光客が都市伝説を信じて小銭を投げつける時があるようです。

出雲大社では、参拝をおろそかにしている迷惑行為とされています。

 

このようなことをする人を見かけても、決して真似しないようにしましょう。

参拝時はお賽銭箱に近づいて、静かに小銭を入れるのがマナーです。

 

タブー3:お賽銭の金額をテキトーに決める

 

お賽銭の金額についても配慮が必要です。

お賽銭の金額はテキトーに決めずに、心を込めた額にしましょう。

 

一般的に、お賽銭はご縁があるように5円玉を入れるのがいいと言われていますよね。

しかし、最近ではお賽銭の額も見直されています。

 

明治・大正時代における5円の価値は、現在で言うと数万円ほどにもなる大金でした。

当時は、神様への信仰が厚く、感謝の気持ちを表すためには大金を捧げるべきだとの考えがあったようです。

 

現在はお賽銭の金額に決まりはありませんが、心を込めてお願いするのにふさわしい金額にするのをおすすめします。

「テキトー」はやめたほうがいいですね。

 

出雲大社のタブー!参拝時のダメな服装とは?

出雲大社のタブーとは?参拝時の注意点やダメな服装をご紹介!

 

出雲大社を参拝する時には、服装にも注意しましょう。

ふさわしくない服装やファッションは次の通りです。

 

  • 帽子をかぶったまま
  • サンダルやデニム
  • 露出の多い服装

 

これらは、タブーとされていますのでなるべく避けた方がいいですね。

パワースポットは観光地のひとつになっているため、カジュアルでラフな服装で訪れることも珍しくありません。

 

しかし、参拝は神様のいる場所へ行く神聖な行為です。

参拝の服装に決まったルールはありませんが、その場にふさわしい格好を心がけてみましょう!

 

タブー1:帽子をかぶったまま参拝する

 

目上の人と会う時や、改まった場所に行く時には帽子は取るのが一般的です。

神社への参拝も同じく、帽子をかぶったままでは失礼だとされています。

 

通常の参拝では帽子は禁止されていませんが、正式参拝や特別参拝ではかぶるのはNGです。

通常の参拝では、あくまで気持ちの問題になりますが、敬意を払うという意味で帽子は脱ぎましょう。

 

帽子を脱ぐタイミングは、鳥居をくぐる前が適切です。

鳥居は神様の家の玄関ですので、帽子だけでなくサングラスなども取ってからくぐるようにしましょう。

 

タブー2:サンダルやデニムで参拝する

 

サンダルは裸足で履くことが多いですが、足を見せるのは神様に失礼な行為です。

夏場や暑い時にも、参拝へ行く場合には他の靴を履くようにしましょう。

 

たとえどんなにおしゃれなサンダルでも、参拝のときはNGなのです。

サンダルを履いたまま観光として出雲大社を訪れる際は、替えの靴を用意しておくといいですね。

 

また、デニムは作業服として着られていたズボンで、参拝には不適切だとされています。

ですので、ダメージデニムなどは、かなり失礼になってしまうでしょう。

 

「神様のところへ行く」という意識を忘れずに、カジュアルすぎる服装は避けた方が無難です。

 

タブー3:露出の多い服装で参拝する

 

露出の多い服装も、参拝時にはおすすめできません。

肌を見せることはあまり良いことではないとされていますので、露出の多い服は避けた方がいいでしょう。

 

タンクトップやミニスカートは、やめておきましょう。

そこまで神経質になる必要はありませんが、奇抜な格好は神様が驚いてしまうとも言われています。

 

どのような格好で行けばいいのか迷ったら、目上の人と会う時の服装と同じような意識で考えるといいですね。

タンクトップにミニスカート、サンダル、帽子ではおそらく会わないはずです。

 

ひざ丈ほどのスカート、ブラウス、パンプスが適しているでしょう。

 

出雲大社の不思議な体験!参拝前や参拝後の変化とは?

出雲大社のタブーとは?参拝時の注意点やダメな服装をご紹介!

 

出雲大社は、日本最大のパワースポットのひとつです。

実は、参拝に行った人の中には、次のような不思議な体験をしたとの声も多くあります。

 

  • 呼ばれるようにプランが決まった
  • 急に雨がやんで、大きな虹が出た
  • 突然、強い風が吹いた

 

これらの体験を詳しく見てみましょう!

 

不思議な体験1:呼ばれるようにプランが決まった

 

前から予定していたわけではなかったのに、トントン拍子で格安ツアーが取れた人の体験談です。

なぜか出雲大社に導かれるように参拝してきたというのだから本当に不思議ですね。

 

「初めて出雲大社に行ってきました。予定はなかったのに、不思議な偶然が重なって急遽プランが決まったのですごく不思議な気分。神様に呼ばれているような気がしました。」

 

偶然が重なっていって、スムーズにプランの中に出雲大社が組み込まれたようです。

運命のように自然と参拝する流れになるのは、きっとご縁があったからといえるでしょう。

 

  • 呼ばれているような気がする
  • 今、行かなきゃいけないように思える

 

そんな気持ちになったら、流れに身を任せて出雲大社を参拝してみましょう。

 

不思議な体験2:急に雨がやみ、大きな虹が出た

 

「出雲大社に行った時、激しく雨が降っていたのに参拝する時には雨が上がって、出る時には大きな虹が目の前に!良いことが起こる予感!」

 

全国の神様が出雲大社に集まるとされている10月に、参拝へ訪れた人の体験談です。

参拝するまでは強い雨が降っていたのに、参拝時には雨が止み、帰る頃には大きな虹が出ていたといいます。

 

こんなタイミングは、なかなか体験できないですよね。

神様のおぼしめしだと感じずにはいられませんし、良いことが起こる前兆だと考えられます。

 

不思議な体験3:突然、強い風が吹いた

 

「出雲大社に行った時、まったく風がない穏やかな日だったのに参拝したら本殿側正面から急に強い風が吹いて鳥肌立った。神秘的すぎる。」

 

風は、神様が喜んでいるサインだといわれています。

参拝時に穏やかな日だったにもかかわらず急に風が吹いたのは、神様からのメッセージだったのかもしれません。

 

雨や風などのはっきりしたサインがなくても、次のような出雲大社で不思議な体験をした方がたくさんいます。

これらの体験を読むと、出雲大社のパワーを感じずにはいられません。

 

  • 境内に入ったら心がスッキリした
  • またすぐに来なきゃって思った
  • 参拝したら、なぜか大丈夫って気がした

 

きちんと心を整えて、出雲大社に行きたくなった方もいるのではないでしょうか。

もし今すぐにでも行きたくなったとしたら、まさに参拝するタイミングだといえるでしょう。

 

出雲大社を参拝した後には、次のような変化を感じている人もいます。

 

  • 人間関係が良くなった
  • 恋人ができた
  • 結婚した
  • 悩みが解決した

 

出雲大社は縁結びの聖地なので、特に人間関係に良い変化が訪れることが多いようです。

 

まとめ

出雲大社のタブーとは?参拝時の注意点やダメな服装をご紹介!

 

今回は、出雲大社のタブーや注意点そして参拝時の服装のタブーについても解説しました。

出雲大社を参拝する時のタブーは次の通りです。

 

  • 参道の真ん中を歩く
  • お賽銭箱に小銭を投げつける
  • お賽銭の金額をテキトーに決める

 

また、次のような服装では参拝しないようにしましょう。

特に気温が高くなる夏は、ついやってしまいそうなので注意したいですね。

 

  • 帽子をかぶったまま
  • サンダルやデニム
  • 露出の多い服装

 

そして、パワースポットである出雲大社を訪れると不思議な体験をする人もいます。

 

  • 呼ばれるようにプランが決まった
  • 急に雨がやんで、大きな虹が出た
  • 突然、強い風が吹いた
  • 境内に入ったら心がスッキリした
  • またすぐに来なきゃって思った
  • 参拝したら、なぜか大丈夫って気がした

 

これらを読むと、出雲大社に行って見たくなるのではないでしょうか。

実際に出雲大社に行って、さまざまn変化を感じている人もいます。

 

  • 人間関係が良くなった
  • 恋人ができた
  • 結婚した
  • 悩みが解決した

 

自分も変化を感じたいと思ったら、まずはマナーを守ることを心がけてみてください。

そして実際に出雲大社を訪れた時には、注意点を思い出しながら参拝して神様に失礼のないようにするといいですね。