宝くじの高額当選はいくらから?受け取りが銀行のみになる金額とは?

宝くじの高額当選はいくらから?銀行のみの受け取りになる金額を解説

 

「宝くじの高額当選はいくらからなの?銀行のみでしか受け取れない金額も当たった時のために知っておきたい!」

 

もし宝くじで高額当選と言えばいくらからになのでしょうか?

また当選金は現金で受け取れるのか、それとも銀行振り込みだけなのか分からないことも多いですよね。

 

  • 宝くじの高額当選はいくらからなの?
  • 銀行のみの受け取りになる金額はいくら?
  • もし高額当選したら税金ってどうなるの?

 

など、宝くじで高額当選したときのことっていろいろと気になりますよね。

そこで今回は、宝くじで高額当選はいくらからなのか、銀行のみの受け取りになる金額を調べてみました!

 

宝くじで1等が当たった時のことを想像して、夢を膨らませながらチェックしてみてください。

 

宝くじの高額当選はいくらから?受け取りが銀行のみになる金額とは?

宝くじの高額当選はいくらから?受け取りが銀行のみになる金額とは?

 

宝くじの高額当選というと100万などと考えると思いますが、実は5万円からなんです。

意外と少ない気がしますが、システム上の高額当選が5万円と金額が決まっています。

 

まずは宝くじの高額当選についての仕組みについて、詳しくご紹介していきましょう。

 

高額当選は5万円から

 

先ほどもお伝えした通り、宝くじで高額当選というのは5万円以上と決まっています。

宝くじ売り場で機械に宝くじを通した時に、当選金が5万円以上の場合は「高額当選」と表示される仕組みになっているのです。

 

こんな表示を見ると思わず胸の前でガッツポーズをしてしまいそうですよね。

このシステムがあることから、一般的に見ると5万円以上からが高額当選だという認識だと考えて良いでしょう。

 

1万円以下は売り場で換金できる

 

また宝くじ売り場ではその場で換金できる金額は、1万円以下となっています。

1万円以下の当選金額は現金で受け取ることが可能です。

 

では1万円以上当たった場合はどうなるのかというと、銀行振り込みでの受け取りになります。

たとえ今すぐ欲しいと思っても、その場ですぐに受け取ることはできない仕組みになっているのです。

 

ちょっと厳しいような気もしますが、システムで決まっている以上は仕方ありませんね。

 

5万円以下は「5万円マーク」のある売り場でも換金可能

 

ただし宝くじ売り場によっては、「5万円マーク」のある売り場があるのです。

ここなら、5万円以下であれば現金で受け取ることができます。

 

もし事前に1万円以上5万円以下が当たっていることが分かったら、「5万円マーク」の宝くじ売り場を探してみてください。

やっぱり現金で受け取れるのは何かと便利ですよね!

 

ただし5万円を超える高額当選の場合は金額に関わらず、必ず口座振り込みでの受け取りになりますので注意してください。

 

50万円以上の場合は銀行で身分証明書の提示が必要

 

また50万円以上の高額当選になると、銀行で身分証明書の提示が必要になります。

銀行は「みずほ銀行」の本店または支店と決まっており、身分証明書は運転免許証や保険証など、公的な書類に限ります。

 

顔写真のない書類については、複数の書類や公共料金の領収書なども求められる場合もあるようです。

ここまでくると、ひしひしと高額当選の実感が湧いてきますね。

 

少し手間はかかりますが、忘れないようにしっかり手続きして受け取ってください。

 

100万円以上の場合はさらに印鑑も必要

 

さらに宝くじの当選金額が100万円以上の場合は、身分証明書に加えて印鑑も必要です。

そして実際に口座に当選金が振り込まれるまでに、1週間ほどかかります。

 

こちらも通帳記帳などをして、実際に振り込まれているかきちんと確認しておきましょう。

ちなみにインターネットなどで宝くじを購入した場合の当選金は、宝くじを購入した口座へ自動的に振り込まれる仕組みです。

 

もし換金の手間を省きたいなら、インターネットで購入するのもおすすめですよ。

 

なお、宝くじのネット購入についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください!

 

宝くじネット購入の当たる買い方!デメリットは?ネット購入は当たらない?

 

宝くじに高額当選すると税金はかかる?家族と分けると?

宝くじの高額当選はいくらから?受け取りが銀行のみになる金額とは?

 

続いては気になる宝くじと税金のお話についてです。

高額当選すると税金はどうなるのか気になりますが、宝くじは非課税です。

 

さらに家族と当選金を山分けした場合の税金についてどうなるか、詳しく確認していきましょう!

ぜひ参考にしてみてください。

 

日本国内の宝くじは基本的に非課税

 

お伝えした通り、日本国内の宝くじの当選金については、基本的に非課税となっているため税金はかかりません。

つまり1億円当たったら1億円がそのまま口座に振り込まれます。

 

また翌年の確定申告なども一切不要ですので、翌年に莫大な税金がかかることもありません。

でも大金が口座に振り込まれると税務署などから何か確認や通達が来そうなイメージですよね。

 

この点もしっかり考えられており、宝くじに当選すると「当選証明書」を発行してもらえます。

したがって、当選証明書を出すことで「不正に脱税したお金ではない」としっかり証明できるので安心してください!

 

家族に分配すると贈与税や相続税の対象になる

 

宝くじの当選金は基本的に非課税ですが、そのお金を家族に分配すると「贈与税」や「相続税」がかかります。

これは普通の現金の場合と同じ考え方です。

 

ちなみに家族に1億円を贈与した場合の税金は、約5000万円にもなります。

なんと、およそ半分が税金で徴収されてしまうのです。

 

贈与税の計算方法は少しややこしいですが、次の式に当てはめて計算します。

 

(贈与する財産の合計―基礎控除110万)×税率―控除額=贈与税額

 

税率は一般税率と、20歳以上の子や孫に贈与する特例税率があり、さらに基礎控除後の課税価格によって変わります。

どちらにしても大きな金額になることは変わりません。

 

宝くじを購入する時は気軽に家族に「当選したら1億円あげるよ」などと口約しない方が良いかもしれませんね。

 

さらに、本気で宝くじを当てたいなら、とても大切なことがあります。

それは『高額当選者が共通点を真似る』こと。

 

高額当選をした人たちが一体どんなことをして運を引き寄せているのか、下記の記事でお話していますので、ぜひチェックしてみてください!

宝くじにどうしても当たりたい!本気で宝くじを当てる方法とは?

 

宝くじに高額当選した場合知っておきたいテクニックと気をつけること

宝くじの高額当選はいくらから?受け取りが銀行のみになる金額とは?

 

宝くじの当選金は非課税なのは嬉しいですが、家族に分けると莫大な税金が引かれてしまうのはちょっと残念ですよね。

でも、実は家族と分けるのに税金がかからない方法があるんです。

 

続いてここからは、宝くじに高額当選することを想定した場合のテクニックや注意点をご紹介します。

 

「共同購入」なら誰かと分けても税金がかからない

 

高額当選した時に税金をかけずに誰かと山分けしたい場合は、その人と「共同購入」で買うのがおすすめです!

共同購入とは普通の宝くじの買い方とは異なり、グループを作成してそのメンバーと共同で宝くじを購入する方法になります。

 

グループ内の誰かが当選した場合、グループ全体として当選金を受け取ることが可能です。

そしてこの場合の当選金の分配は、参加メンバーの宝くじの購入枚数の割合に応じて決まります。

 

たくさんお金を出して買った人が多く当選金を受け取れる仕組みですね。

共同購入を利用すると一人で買うよりもたくさんの宝くじを購入できるため、当選する確率が高くなります。

 

また共同購入なら全員が「購入者」になりますので、受け取る際に贈与税などがかかる心配もありません。

このように家族で共同購入すれば、家族で分配しても税金がかからないのです。

 

「共同購入」の場合は購入者全員で受け取る必要がある

 

共同購入できる宝くじはジャンボ宝くじ(ジャンボミニ、ジャンボプチも含む)、全国通常宝くじのみです。

それ以外のナンバーズやスクラッチなどでは利用できませんので注意してください。

 

また共同購入で当選した場合は、購入者全員がそれぞれ自分で受け取る必要があります。

つまり。1人が代表で受け取ることは不可能なので注意が必要です。

 

ネット購入の場合は、グループに参加する時に自分の情報を登録しますので、その口座に分配金が振り込まれることになります。

 

受け取り後に分配したい場合は基礎控除内で行う

 

最初に購入する時に共同購入すれば面倒な手間もなく当選金を分けることができますが、それも少し手間がかかりますよね。

もしも当選金を受け取った後に分配したい場合は、基礎控除内であれば贈与税はかかりません。

 

さきほどご紹介したように、贈与税は基礎控除110万円が設定されています。

つまり、年間に1人あたり110万円までなら非課税で贈与が可能です。

 

毎年110万円を10年間贈与すれば、1100万円が非課税になります。

子供2人にそれぞれ110万円を贈与するなら年間で220万円、10年間で2200万円が非課税で贈与できます。

 

贈与税の税率は非常に大きいので、基礎控除を賢く利用していくのはとてもおすすめの方法です!

 

高額当選者は国税局がチェックしているため必ず法律を守る

 

ここまでご覧になって「贈与税なんて、バレなければ大丈夫じゃないの?」と思った人もいるかもしれませんね。

しかし日本の税務署はそれほど甘くはありません。

 

特に宝くじの高額当選者については、国税局がしっかりチェックしているため不正をすれば必ずバレます。

幸運で得た宝くじの当選金は、きちんと法律を守って気持ち良く使うことが大切ですね!

 

まとめ

宝くじの高額当選はいくらから?受け取りが銀行のみになる金額とは?

 

今回は宝くじの高額当選についてご紹介しました。

宝くじの高額当選は5万円からです。

 

そして現金でその場で受け取れるのは1万円以下であり、それ以上になると銀行振り込みになります。

50万円以上になると、受け取りはみずほ銀行の本店または支店になり、公的な身分証明書の提示が必要です。

 

100万以上なら印鑑も必要になります。

ちなみにインターネットなどで宝くじを購入すれば、口座に振り込まれるので便利ですよ。

 

気になる税金ですが、日本で販売している宝くじの当選金は非課税です。

しかし、贈与税や相続税がかかることを知らない人は少なくありません。

 

多額の税金が発生して後悔しないように、贈与税や相続税についてはこの点は絶対に覚えておいてください。

誰かと分けたい場合は最初から共同購入するなどの手があるので、検討してみるのもいいですね。

 

これらの高額当選の知識を役立てられるように、金運アップのおまじないなどを試してみるのもおすすめです。

そしていつか夢の1等当選を実現したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。