宝くじが当たりやすい誕生日や血液型は?宝くじが当たる人の特徴と性格!

宝くじが当たりやすい誕生日や血液型は?宝くじが当たる人の特徴と性格!

 

「本気で宝くじを当てたいんだけど、当たりやすい誕生日とか血液型ってあるのかな?」

 

生年月日から強力な金運を持っているかどうか分かるとも言われるように、自分の誕生日は宝くじに当たりやすいのか気になるものですよね。

 

実際、宝くじで高額当選をしている人たちには誕生日や血液型など共通点があるのでしょうか?

他にも宝くじが当たる人ってどんな特徴があるんだろうか?

このように気になることも多いと思います。

 

そういうわけで今回は、宝くじが当たりやすい誕生日や血液型、当たる人の特徴についてわかりやすくご紹介していきます。

せっかく宝くじを買うんです。

 

実際に宝くじに当たっている人の特徴を知って、縁起を高めて高額当選を狙っていきましょう!

 

さらに、もっと金運をアップさせて最高の2022年を送りたい方へ。

今、期間限定で金運上昇のプロによる『金運金運オーラストーン鑑定』を無料で受けることができます。

 

特に、『20歳以上の女性』の金運アップにかなり定評があり、2022年は大きなチャンスです。

さらに、この金運鑑定をずっと続けている人ほど貯金も貯まり、ドンドン豊かな人生を手に入れることができています。

 

2022年を最高の年にするためにも、ぜひ今のうちから金運上昇の秘訣を取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

宝くじが当たりやすい誕生日2022!強運の持ち主の誕生日は?

宝くじが当たりやすい誕生日や血液型は?宝くじが当たる人の特徴と性格!

 

宝くじを本気で当てたいけど、当たりやすい誕生日ってあるのでしょうか?

 

結論から言うと、「〇月〇日生まれの人は宝くじが当たる!」とまでは特定できません。

ですが、生年月日から強力な金運の持ち主かどうかを知ることができます。

 

強力な金運を持っていれば、宝くじも当たりやすい。

ということで、金運が強い誕生日を導きだす方法や星座、血液型についてわかりやすくご紹介しています。

 

金運のいい誕生日とは?金運の強さを運命数から導き出す方法!

 

金運のいい誕生日を知る方法の1つ目は、自分の誕生日から「運命数」というものを導き出す方法です。

運命数とは「カバラ数秘術」とも呼ばれており、運命数にはその人の人生が隠れているとのこと。

 

自分の誕生日から運命数を導き出す方法は以下の通りです。

①自分の誕生日を西暦になおし、その数字を全てたします。

1+9+7+0+1+2+2+6(1970年12月26日生まれの場合)=28

②出てきた数字をまた1ケタずつバラバラにたします。

2+8=10

③1ケタになるまで繰り返します。

1+0=1

 

最後に残った数字を「運命数」と呼び、この運命数が「1」「7」「9」の人は高い金運の持ち主です。

風水の世界では「9」は縁起のいい数字だったり、ラッキー7とも言われています。

 

なので、やはり運命数「7」や「9」が入っている生年月日は金運のいい誕生日と言えるでしょう!

もちろん、この運命数が全てではありませんから、「7」や「9」が入っていなくても大丈夫ですよ。

 

さらに、もっと金運をアップさせて豊かな人生を送りたい方へ。

今、期間限定で金運上昇のプロによる『金運オーラストーン鑑定』を無料で受け取ることができます。

 

特に、『20歳以上の女性』の金運アップにかなり定評があり、2022年は大きなチャンスです。

この金運鑑定を続けている人ほど貯金も貯まっているので、ぜひ今のうちから金運上昇の秘訣を取り入れてみてください!

 

【20代以上の女性にオススメ】大きな金運を引き寄せる秘密の金運鑑定とは?

 

宝くじが当たりやすい誕生日を星座で予測?宝くじが当たる人の生年月日

 

運命数だけでなく、金運がよく宝くじが当たりやすい誕生日を星座からも予測することができます。

金運が良い星座は毎年違い、2022年に金運がよい星座は1位が水瓶座、2位が射手座、3位が蟹座です。

 

誕生日が1月20日~2月18日生まれは水瓶座、11月23日~12月21日生まれは射手座、6月22日~7月22生まれは蟹座になります。

この中に誕生日がある人が、2022年は金運が高めなので、宝くじを買ってもいいかもしれません。

 

このように、宝くじが当たりやすい誕生日をピンポイントで特定する事は難しいですが、運命数や星座から金運を導き出すことはできます。

それだけでなく、縁起のいい行いを重ねて、ドンドン金運を上げていくといい結果が待っているかもしれませんよ。

 

また、星座だけでなく、干支でも宝くじが当たりやすいかどうか判断することができます。

そのため、金運が一番高い干支の方は宝くじを買って高額当選を狙ってみてもいいでしょう。

 

特に下記の記事では、2022年最も宝くじが当たりやすい干支をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

宝くじが当たりやすい干支とは?2022年金運が強い干支は何年?

 

誕生日に2がある人は金運が強い?金運のいい誕生日月の数字は?

宝くじが当たりやすい誕生日や血液型は?宝くじが当たる人の特徴と性格!

 

運命数では「7」や「9」の数字が入っている誕生日は金運が強いことが分かりました。

ですが、実は運命数以外にも金運が強い誕生月が存在します。

 

では、金運の強い生まれ月は何月生まれの方なのでしょうか?

結論、誕生日が5月生まれ、2月生まれ、6月生まれの方は金運が強めということができます。

 

というのも、5月、2月、6月生まれの誕生日の人は努力家であったり、堅実にお金を増やせる特徴があるからです。

特に、5月はお金に好かれており、苦労せずお金が入ってくる金運の強い誕生月になります。

 

一方で、2月は努力できる人が多く、ステータスが上がることで収入も伸びていくという特徴を持っています。

6月生まれはコツコツ節約や投資できるタイプで、手堅く確実にお金を積み上げていける誕生月です。

 

このように、運命数以外でも金運が強いかどうか、タイプを見極めることができます。

ですので、誕生月が5がある人、2がある人、6がある人は自分のタイプを知って、お金を増やしていきましょう!

 

2022年金運がない生まれ月は?宝くじを買って散財に注意?

 

金運が強い、金運がないというのは、実は年によって変わりゆくもの。

なので、今年金運がなかった人でも、来年は金運が強く宝くじも当たりやすくなることもあるため、落ち込む必要はありません。

 

逆に、金運がない年は散財することを控えて、来年のために耐え忍ぶ1年にしていくことが大切です。

では、2022年に金運がない生まれ月は何月でしょうか?

 

ズバリ、6月生まれ、5月生まれ、9月生まれの方は金運がない生まれ月と言えるでしょう。

 

6月生まれの方は楽しいことにお金をつぎ込むことになり、なにかと出費が増えるかも。

なので、先に必要な分をとっておくなどして対策を練っておきましょう。

 

一方で5月生まれの方は、気持ちが落ちたときにストレス発散などで散財する可能性も。

お金を使う前にポジティブになることに目を向けてリフレッシュすることで金運も戻りますよ!

 

寄付やボランティアなどGIVEをすることで金運が回り始るため、お金以外のものでエネルギーを蓄えていきましょう。

 

生まれ月が9月の方は、キャッシュレスなど便利さに頼って衝動買いが増え、お金がドンドン出ていく可能性が高め。

金運が良くないときは宝くじも散財に繋がりやすいため、我慢して来年に備える1年にすることをオススメします!

 

強運の持ち主となる宝くじが当たりやすい血液型ってあるの?

 

「宝くじ公式サイト」が調査をしたところ、1000万円以上の高額当選者の血液型で一番多いのは、男女ともに「A型」とのこと。

ただ、日本人で最も多い血液型はA型なので、確率的には自然とも言えるでしょう。

 

第2位はO型で、以下B型、AB型と続きます。

日本人の血液型の割合と全く同じで順位あり、高額当選している人の割合も血液型の割合とほぼ同じなので、血液型が金運を左右しているとは言えないでしょう。

 

他にも干支や九星気学で金運が良いかどうかを確認する方法もあるので、興味がある方は調べてみてください。

「自分の金運が良い」と分かれば、自信を持って宝くじを買いに行くことができますね。

 

さらに、どうしても宝くじを当てたい方へ。

本気で宝くじを当てるために大切なことは、『高額当選者の共通点を真似ること』にあります。

 

実際、宝くじを当てている人たちは自分で金運を引き寄せる努力をしているのです。

そんな高額当選者たちが共通して行っていたあることについて、下記の記事でお話していますので、ぜひチェックしてみてください!

宝くじにどうしても当たりたい!宝くじの高額当選を本気で当てる方法

 

宝くじが当たる人の特徴と性格は?宝くじが当たりやすい人の特徴3選!

宝くじが当たりやすい誕生日や血液型は?宝くじが当たる人の特徴と性格!

 

願いを叶えるには「いつもその願い事を忘れないようにして、叶うイメージを持っておくこと」が本当に大切です。

実際、宝くじの高額当選をしている人は、金運の良さを占うだけでなく、「金運を引き寄せるための努力」をしています。

 

自分の誕生日だけでなく、自分から金運がアップするような振る舞いをしていく。

そういう人ほど気持ちも前向きでお金もうまく引き寄せているのは間違いありません。

 

では、宝くじが当たる人は日頃、どのような振る舞いをしているのでしょうか?

ここからは宝くじが当たりやすい人の特徴を3つ、厳選してご紹介していきます!

 

宝くじが当たる人の特徴①:風水を味方につけて金運アップしている

 

宝くじが当たる人の特徴としてまず挙げられるのは、風水を味方にして金運アップをしている人。

 

風水はもともと古代中国で、住まいやお墓などを立てる際にどの方角が良いか、というのを「気の流れ」を汲んで決めるというものでした。

 

当初は金運をメインにしたものではありませんでしたが、置く物の色や方角を利用して金運を上げることができます。

中でも、「宝くじが当たりやすい風水」というものもあり、下記の3つがおすすめの風水です。

 

  1. 北西の方角にグリーン、茶色、ゴールドのものを置く
  2. 西の方角に黄色いものを置く
  3. 宝くじは、黄色とラベンダーのもので包む

 

実際、こうした風水を実践し、宝くじで高額当選を果たした人がインタビューされていました。

「ヨムーノ」というサイトでは風水の権威、Dr.コパさんがNG行動も含め詳しく教えてくれているので、ぜひ調べてみてください!

 

宝くじが当たる人の特徴②:運気や縁起のいい日に宝くじを購入する

 

宝くじが当たる人の特徴として、運気や縁起のいい日に宝くじを購入している人が少なくありません。

宝くじの当選は金運が良いことと同じなので、「天赦日」や「一粒万倍日」「己巳の日」「大安」などの日に買うと良いとされています。

 

「大安」の日よりも「天赦日」や「一粒万倍日」「己巳の日」の方が巡ってくる回数が圧倒的に少ないので、それだけ価値がある日と言えるかもしれません。

 

宝くじが当たりやすい人たちは、こうした日にちの巡りにとても敏感です。

宝くじの購入期間中にこれらの日がうまく巡ってきた時はチャンスを逃さないようにしましょう。

 

もちろん、宝くじを買った方がいい日もあれば、買ってはいけない日も存在します。

本気で高額当選を狙うのであれば、縁起のいい日だけでなく、買ってはいけない凶日もチェックしておいてください!

赤口は宝くじを買ってはいけない日?六曜は宝くじを買う日とは関係ない?

 

宝くじが当たる人の特徴③:保管場所を気をつけて宝くじを丁寧に扱う

 

お金が貯まる人ほど財布やお金を大切に扱うのと同じように、宝くじが当たる人は宝くじを大切に扱います。

では、縁起の良い宝くじの扱いとはどのような行いでしょうか?

 

結論、宝くじは「静かで暗い場所に置いておく」方が縁起がいいと言われています。

ただし、静かで暗い場所といっても、神棚や仏壇に置くのはNG。

神棚や仏壇は、宝くじ自体が持つ運気を乱してしまうからです。

 

財布もそうですが、お金のパワーを秘めているものは、静かで暗い場所に置き、落ち着かせる事が必要になります。

宝くじが当たりやすい人たちは、こうしたこともきちんと守り、宝くじを大切に扱っています。

 

適当に放置するのではなく、大切に扱うために清潔な場所で保管するようにしてくださいね。

 

さらに、下記の記事でも『高額当選者に共通した保管場所』をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

宝くじの保管場所は?2022年の風水に良い宝くじの置き場所とは?

 

まとめ

宝くじが当たりやすい誕生日や血液型は?宝くじが当たる人の特徴と性格!

 

宝くじが当たりやすい誕生日は具体的に日付はないものの、運命数や星座から金運の強さを判断することができます。

それに加えて、宝くじが当たる人は自分の振る舞いで金運をアップさせ、日頃から縁起のいい生活を送っていることが少なくありません。

 

具体的には、風水を味方につけたり、縁起のいい日に宝くじを購入したり、宝くじを丁寧に扱って保存したりしています。

夢がふくらむ宝くじだからこそ、宝くじが当たりやすい人の行動を取り入れていきましょう!

 

さらに、もっと金運をアップさせて豊かな人生を送りたい方へ。

今、期間限定で金運上昇のプロによる『金運オーラストーン鑑定』を無料で受け取ることができます。

 

特に、『20歳以上の女性』の金運アップにかなり定評があり、2022年は大きなチャンスです。

この金運鑑定を続けている人ほど貯金も貯まっているので、ぜひ今のうちから金運上昇の秘訣を取り入れてみてください!

 

【20代以上の女性にオススメ】大きな金運を引き寄せる秘密の金運鑑定とは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。